mushimegane128_128太陽光発電の販売業者を選ぶためのチェックポイントはどこになるのでしょうか?安心して依頼できる優良販売施工業者を選ぶポイントについて解説します。

1.希望条件をヒアリングしたうえで提案をしてくれるか?

優良な施工販売業者の場合、打ち合わせなどのときにはじめから商品の提案や価格の提案をしてきません。まずは、お客さまの状況や要望、予算や立地、家の形状などをヒアリングしてから、それに合ったメーカーを提案してくれるはずです。

はじめから商品の話しかしてこない施工販売業者は、優良業者とは言えません。

2.質問に対しての回答は丁寧で具体的か?

優良業者の営業マンは、太陽光発電についての質問に理解をしてもらうように丁寧に具体的な数字や事例を持って解説してくれます。この段階で質問をはぐらかしたり、具体的な情報なしに説明して来たり、回答の途中で契約をしてくる業者は信頼できるとは言えません。

太陽光発電は急速に成長した業界なので、販売する営業マンの知識の差が大きいのです。きちんと業界の知識、太陽光発電の知識を教育している業者が優良業者と言えるのです。

3.見積もりの項目は細かく設定されているか?

太陽光発電の見積もりを比較するポイントでも解説しましたが、見積もりの項目が細かく記載されているかどうかも重要なポイントです。

内訳を記載していない見積もりというのは、どこにいくらかかったか?を他の業者の見積もりと比較しにくくしているのです。不明瞭な見積もりを提示するということ自体優良業者とは言えないのです。

4.自社で施工をしているか?

重要なポイントが販売と施工を一緒に自社でやっているかどうかなのです。太陽光発電の販売をしている業者の中には、販売だけをして施工は別の業者に外部委託をしてやらせる業者と、自社に施工をする職人を雇用していて社内の人員で施工をする業者があるのです。

外部の施工業者に委託するということは、それだけ見積もりが高くなるケースもありますし、責任感のない仕事をされてしまうこともあるのです。工事の丸投げによって、営業で話していた担当者が理解している依頼者の意向を理解しない施工業者が行うことで発生するトラブルというのも少なくありません。

自社で施工をしている施工販売業者の方が優良業者の可能性が高いと言えます。

5.メンテナンス・トラブル対応・業者保証の内容

太陽光発電は数十年以上も付き合っていくものですので、アフターフォローの重要度も非常に高いと言っていいでしょう。メーカーが用意するメーカー保証はパネルに対しての保証であるため、実際に重要になるのは業者保証なのです。

価格だけでなく、補償が手厚い業者であることが優良業者の条件と言えます。また、アフターフォローの内容や実際にすでに契約している方からのトラブル対応の事例などをヒアリングして、優良業者かどうか見極めると良いでしょう。

まとめ

優良業者であるかどうかは一括見積サイトで見積もりを取っただけではわかりません。実際に現地調査などでお会いするときに細かくチェックすることが重要なのです。