spana128_128

太陽光発電システムは、自動車や洗濯機ほど動くものとは違い、激しく稼働するシステムではない為、基本的には故障などが発生しにくい機械なのですが、その可能性は当然ゼロではありません。システムに故障が発生してしまえば、機器の修理、交換などの費用が発生してしまうのです。

太陽光発電システムの寿命とは

太陽光発電システムには寿命があります。

一般的に期待される期待寿命は

ソーラーパネル → 期待寿命20年~
パワーコンディショナー → 期待寿命10年~

となっています。

つまり、10年、20年経過するとパネルもパワーコンディショナーの方も、機械の故障によって出力の低下、絶縁性能の低下、建材の機能低下、などが発生してしまう可能性があるのです。

産業技術総合研究所(産総研)の調査によると、10年以内に発電量が著しく低下する故障が発生する確率は、約1割というデータが出ているのです。

システムに異常があれば、保証期間外の場合は交換、修理費用が発生

当然、ソーラーパネルやパワーコンディショナーに不具合が発生した場合は、修理をしたり、機器を交換しなければなりません。

パワーコンディショナーだけでも交換しようとすれば、10万円~30万円ほどはかかってしまうため、負担も少なくないのです。

メーカー保証では、ソーラーパネルで10年ほど、パワーコンディショナーで1年~2年ほどしか保証されないため、十分とは言い切れないのです。太陽光発電システムを導入する際には、このようなメンテナンス時に急な出費が発生するリスクがあることも把握しておく必要があります。

太陽光発電を比較検討する場合にはメーカー保証の充実度、保証期間も重要視すべきですし、依頼する販売施工業者が独自で行っている無料点検や保証サービスについても、見積もり価格以上の価値があるケースもあるので要チェックなのです。