man128_128訪問販売業者が出してくる太陽光発電の見積もりはほとんどのケースで高く設定されています。訪問販売業者の巧みな営業トークで「太陽光発電を実際に検討してみいようかな」と思った場合でも、その場で契約するのだけは辞めましょう。

訪問販売業者がおすすめできない理由

1.相対的に高くなってしまう

訪問販売業者が提示する太陽光発電システムの見積もりは、同じメーカーで同じ容量であっても、インターネットの一括見積サイトへ登録している販売業者よりも高くなってしまいます。

これは単純に訪問販売の場合は、販売のために営業マンを採用する必要があるからです。

月5件売る営業マンのコストが20万円だとしたら、100件売るためには2000万円が必要になりますが、100件売るためのコストはインターネットであれば100万円ほどで済むのです。コストは20分の1にも抑えることが可能になります。

このように単純に販売するためのコストが高いため、訪問販売でも太陽光発電の販売業者が利益を出すためにはその分を価格にオンしなければならないのです。必然的に数万円、数十万円、高い状況が生まれてしまうのです。

2.価格を比較する状況がないため割高に

インターネットでの一括見積サイトを利用すれば、たいてい5社から見積書が届きます。5社の価格や補償などを比較の上、安い見積もりの販売業者に依頼することができますが

訪問販売の場合は、訪問販売員が来て早口でセールストークをしながら、その場で契約を迫ることが一般的です。悪質な業者ではなかったとしても、初回訪問のその場で契約を迫ることが普通のマニュアルにあるため、他の販売業者の見積もりと比較検討することができないのです。

5社から一番安い見積もりを選ぶのと、1社だけで比較せずに選ぶのでは、どちらが安い価格で太陽光発電を導入できるかは説明するまでもありません。

3.違法業者、悪徳業者の可能性も

太陽光発電では訪問販売する業者のすべての業者が悪徳業者とは言いませんが、インターネットの一括見積サイトのように業者が登録するための審査などもないため、悪徳業者が入り込みやすい販売方法なのです。

そのため、「そんな説明聞いていない」「勧誘の電話がしつこい」「価格が訪問時の見積もりと違う」というトラブルがいくつも発生しているのです。

これらのトラブルに合わないためには訪問販売業者の提案には乗らないことが重要なのです。とくに「良いな」と思っても、その場で契約するのだけは辞めましょう。

良い条件の見積もりがあっても、まずは他の業者と比較する

上記のように訪問販売の業者は割高な太陽光発電の見積もりになることが多いです。また、訪問したその日に契約させるというのがマニュアルにあるため、しつこく即決を迫ってくる場合もあるのです。

この場合は、そのばで契約するのだけは避けて、追って連絡すると言って一旦返ってもらいましょう。

その訪問販売の業者が一番安い業者である可能性もゼロではないため、同じ条件で一括見積サイトを利用して他の業者の見積もりを集めましょう。その結果、訪問販売の業者が一番安ければ、ウェブサイトでの評判などをチェックの上そのまま申し込めば良いですし、他の業者の方がやすいようであればそちらに依頼する方が安全面でもメリットが大きいのです。